東京にある大学の医学部受験のため予備校に行きました

予備校で安心して受験対策できた

以前は受験する予定の学校にちょっと実力が足りなかったのですが、少しずつ良くなっていきました。
受験をする時期にはかなりいい状態になっていて、医学部の受験をするのに十分な実力がありました。
大学の受験は東京で受けたのですけど、結果は合格していてやっと医者になれるスタートラインに立てました。
予備校での学習は先生と一対一で行っていたため、自分の欠点についてよく分かりました。
自分で家で学んでいたときは気づけなかった欠点も多く、先生と学んで得られたものは多くありました。
受験をする時に寮に入って学んだことは、お金がかかるという意味でいうとよくなかったです。
ただ短期間で合格できたのは寮で学んだことが大きかったので、トータルで見るといい判断だったと考えています。
寮での生活は毎日勉強のことばかりを考えるので、余計なことをせず集中できた点が良かったです。
家で学んでいるときは部屋に色々なものがあって、気が散って勉強がしづらかったので助かりました。
医学部に入るためには複数の分野について、平均的に高い学力が必要になります。
高校で学んでいたときはそれなりに優秀でしたが、苦手にしている分野もありました。
そういう分野については自分なりに対応をしていたのですけど、予備校での学習で上手く補えました。
東京の医学部に入学したいと考えていて、そのために色々な学習方法を試しました。
結果からいうと寮を使った予備校の学習が一番効果が高く、一気に学力を高めることができました。
おかげで浪人をすることもなく合格ができましたから、親にも迷惑をかけずにすみました。
医学部に入るための勉強は先生に教えてもらいつつ行い、欠点についてもよく相談をしました。
教えてくれる先生はこちらの欠点にすぐに気づいてくれるので、安心して受験対策ができました。
受験をする時はやはり緊張しましたけど、自分を信じて十分な結果を得られました。
東京での生活の準備はまだまだですが、少しずつ改善していっていずれ良いお医者さんになりたいです。

医学部の受験をすることに / 予備校で安心して受験対策できた